極陽性食品の「鉄火味噌」つくってみました。

味噌ソムリエさんに教わり、鉄火味噌をつくりました。

鉄火味噌って何?
まぐろ?
でも、お味噌なのよね??

と、あえてググらず、はてなで期待感をいっぱいにして出かけました!

お初にお目にかかった鉄火味噌は、一見コーヒーの粉のよう。。味見してみると、なんともいえない深い風味と優しい塩味が。それにしてもこれは一体何でできているのだろう?

鉄火味噌づくりはひたすら単調な作業が続くとは聞いてましたが、まず、ゴボウをおそろしく細かくみじん切りにします。

かなり小さく細かく刻んでも、先生の厳しいダメ出しがきます。
ペーストになるのでは?と思えるほど細かく刻んでやっとOKがでました。
その後、人参とレンコンも細かく刻んで、ひたすら切り刻む作業終了。

次はひたすら火を通す作業。

ごま油を入れて、ごぼう、にんじん、レンコンを順に消えそうな火でゆっくり炒めます。

その後八丁味噌を投入し、またごま油を加えてひたすら火をとおす。途中でしょうがを入れて、とにかくひたすら混ぜる。
嘘のようですが、最後にぱらっぱらの細かい粒状になります。

Exif_JPEG_PICTURE

だいたい3~4時間かかりました。
修行僧のように、ひたすら単調な作業が続くので、1人で自宅でやるのは辛そうですが、みんなでわいわいやるとあっという間に終わりました。

食に関する知識や情報交換、その他ビジネスの話やらなんやらと、鉄火味噌づくり以上に活性化した時間でした!

Exif_JPEG_PICTURE

さてさて、鉄火味噌の豆知識。

鉄火味噌は、食材と製造過程から、マクロビオティックにおいて極陽性食品という位置づけです。

材料と分量と陰陽をまとめてみました。(約300gの鉄火味噌をつくる場合)

<八丁味噌> 270g 陽性
<ニンジン> 120g 陽性
<ごぼう> 90g 陽性
<れんこん> 90g 陽性
<ショウガ> 12g 陽性
<ごま油> 大6 陽性

  • 八丁味噌は石で圧力がかかっているので陽性
  • 材料を細かく刻むのは陽性
  • 混ぜ合わせるという回転は陽性

このように鉄火味噌は、陽性のエネルギーでつまっています。

次の日、寒い朝にこのふりかけを食べるとすごいパワーを感じ、また体温が上がる感じがしました。

戦時中、戦場へ持って行ったというのもわかります。
放射能対策に食べるというのも納得です。(放射能は極陰性なので)

マクロビ、陰陽、とっても面白いです。

体に良くて美味しい日本の伝統食、伝え残していきたいですね!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By せき タカコ

    !驚きの食。あらたな知にうれしいです。
    わたしも作ってみます(^^)ありがとうございます~

    • By tomoko3

      タカちゃん、コメントありがとうございます。
      すごいでしょ、この食品!
      作るのにかなり根気がいりますが、体にパワーみなぎるので、ぜひつくってください(^^♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)