WEB化して、飛躍的に文章作成が簡単になったツール。

WEB化して、飛躍的に文章作成が簡単になったツール。

「エンパシーライティング」という文章術をご存知だろうか?『6分間文章術』の著者である中野巧氏が開発した、共感を生む文章が書けるメソッドだ。エンパシーチャートと呼ばれる1枚の紙に6つのマス描き、付箋に1つずつ伝えたい内容を書く。いくつか付箋が完成したら、付箋を並べ替えて文章全体の構成を考え、相手の心を動かす文章を完成させる。この方法は、伝えたい内容を1つずつ考えるということ、文章全体の構成を考えること、それらを全て合わせて表現を整えること、といった3つのことを別々に行うことによって、簡単にかつ伝わる文章をつくるものだ。目の前の白い紙に向かっていきなり文章を推敲するより、頭の整理ができ、失敗も少ないだろう。

数年前、本を読み、とても簡単な方法で効果的だと思った。しかし、1枚の紙に付箋を貼って文章を作成するのは結構面倒で、なかなかこの方法を使うことがなかった。というのも、文章は、大抵の場合、パソコンに打ち込むからだ。例えば、ブログの記事を書くとしよう。まず、物理的に紙を用意して、付箋に手書きで書き込み、それを並べ替えて完成させ、完成させた文章をパソコンに打ち込んでデジタル化する。このメソッドのおかげで文章を練る時間が短縮できたとしても、実際の文章に落とし込むまでの工程が煩雑で、修正がやりにくい。おまけに付箋が剥がれたり、なくなったりもする。

しかし、「アイエンパシー」というWEBツールが、この煩雑さをあっさりと解決してしまった。WEB上でチャートを作成できるので、あっという間に文章が完成する。付箋に細切れに書いた文節が、一瞬で並び変わって文章が完成する。完成したものが気に入らなければ、順序を入れ替えるのも簡単で、文節ごとにごっそり文章を上下に移動できる。文節の中身を修正すれば、全体の文章も修正されるので、推敲がやりやすい。紙に書いているとそうはいかず、結局、PC上で文章にかなりテコ入れすることになるのだが、アイエンパシーなら、ボタン一つで並び変わるので、最後にほんの微調整するだけで良い。

こうやって文章を読んでも実感がわきにくいと思うので、ぜひ、サイトの動画を見てほしい。興味があれば、30日間無料なので、使ってみることをオススメする。まだまだ使い慣れていないのだが、たまに文章作成に使用していて、なかなか楽しい。一発で文章が完成する瞬間がなんとも気持ちが良いのだ。慣れたら、ブログ投稿にも使いたい。このツールの唯一の欠点はスマホでまだ使えないこと。スマホでなくとも、iPadで使用できるように開発して欲しい。この願いは、開発者の中野氏に節にお願いしたので、いつか実現してくれると信じている。スマホやiPadで使えるようになると、隙間時間に付箋だけ作っておいて、いくつか付箋が集まったら、ボタン1つで並べ替え、調整した文章をコピペしてそのままブログ投稿する。なんてことができると思う。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)