ホノルルの10月は雨期のはじまり 2018年10月〜11月 ハワイ旅行記(オアフ島)【1】

10月下旬からハワイ(オアフ島)へ行ってきた。
前回は5月下旬に訪れたので、ちょうど5ヶ月ぶりのハワイ。

ハワイには雨期と乾期がある

ハワイの10月は雨期のはじまりだ。10月〜3月までが雨期で、4月〜9月は乾期。
雨期と言っても、日本の梅雨のように雨が降り続くということはほとんどない。
朝晩にさっと雨が降り、日中は普通に晴れて暑くなり、海やプールも楽しめる。
ただ、天候が変わりやすいので、常にぱらっと雨が来るかもと思っていた方がいい。

雨はすぐに止むから傘を持ち歩く必要はないと思う。
ハワイの人はみな、ぱらっと来たら屋根のあるところに入って雨宿りするか、雨なんて気にしないという感じで濡れながら颯爽と歩いている。

ハワイの天気予報は当てにならない

今回は、雨期のはじまりということで、いつもはさほど気にしない天気予報を常にチェックしながらの旅だった。
チェックしてみると、滞在期間中ほとんど雨。雷雨のマークがついていたりして、一瞬びっくりしてしまったのだが、ハワイの天気は変わりやすいので、はっきり言って天気予報はあまり当たらない。
それに加え、ハワイの天気の判断基準は日本と比べてどうやら厳しいらしい。そのため、雨の予報になることが多いとか。

予報は参考程度にし、朝起きたら空を観察して、その1日の天候をなんとなく予想しておこう。
空が変わるスピードが早いので、日中も雲の様子(色や厚さや広がり方、進み方)をちょくちょく見ておくといいと思う。

ここ数年のハワイの天候で感じること

結局、6泊8日の滞在中、1日だけ土砂降りの日があったが、他の日はぱらっと雨が降ることはあっても、海に入れるような暑い毎日だった。
そして、わりと蒸し暑い日が多かった。歩いているとじっとり汗をかくような湿度がある暑さだ。

ハワイが好きな一番の理由は爽やかなカラッとした暑さなのだが、ここ5〜6年、昔に比べて湿度が高くなったような気がする。ハワイへの愛情が冷めてしまわないように、いつも乾いた天候を願って旅立つのだが、毎回ではないものの、旅行の度に蒸し暑いと感じることが増えている気がする。今回ばかりは雨期ということも関係したかもしれないが。

今回の旅程と目的

今回の旅は、遅い夏休みの旅行で、後半の3日間は両親と合流することになっていた。滞在中に自分達の結婚記念日と母の誕生日を迎えるし、ハロウィンもある。
やっとの夏休みだからまずはゆっくりしたいし、記念日はちょっと贅沢したいし、ハロウィンも楽しみたい。アラウンド70の両親の希望とすり合わせることも必要だ。

カカアコ地区が再開発で大変化したのを見てみたかったし、いつも行くお店や場所も行きたいし、新しいことに挑戦したり、新しいお店も開拓したい。

結局、土砂降りの日はどう過ごしたのか。両親とのハワイはどんな感じでスケジュールを立てたのか、記念日に選んだお店、ハワイのハロウィンはどんな感じか、などなど、これからぼちぼちいくつかの記事に分けて投稿したいと思う。

この記事を書いた人

いぼこ

いぼこ

海外旅行好き(特にハワイ)のブロガー。

プロジェクトごとにジョインする雇われない働き方を実践中。
2015年より経営者コミュニティの事務局を担当。
たまに読書会やイベントを開催したり、コンサルを行っています。